AGAの検査準備と診察方法|事前に用意するものは何がある?

2020年05月03日
鏡を見ている男性

AGAの検査方法は、利用する状況やクリニックによってかなり異なります。主な方法としては、3つの方法が考えられていますので、診察方法を自分で選択して最善の治療を実行することが大切です。

まず、皮膚科で診察を受けるという診察方法があります。一般的に、AGAは脱毛症であるため文字通り頭皮への問題点が存在するのかを触診や視診によって確認してもらうことができます。皮膚科は、皮膚の専門的な治療であるため仮にこの時点で皮膚に何らかの問題があるとわかった場合には、皮膚科の観点から治療を行ってもらうことが可能です。

実際に、皮膚科でも問診と視診を行うだけできちんとAGA治療薬を処方してくれるところも多いです。見た目の症状から判断できるケースも多いため、患者本人が求める場合には迅速にAGA治療を進めていくことが可能です。この場合、AGAの検査準備として患者が用意するものはほとんどありません。AGAの診療は自由診療なので、実は保険証も必要ではないからです。

皮膚科で問題を解決できないケースでは、専門のAGAクリニックで診察を行ってもらえます。AGAクリニックが皮膚科と異なるのは、血液検査などを含めて厳密な審査を行ってくれる点です。独自の方法で審査を行っていくことになりますので、多角的な面から本当に脱毛症であるのかどうかということを診断してもらえます。

ポイントは、その人に応じたAGA治療を行うことができる点です。脱毛症は、進行の度合いが患者によって大きく異なりますので、血液検査や遺伝子検査を行ってどういった因子を有しているのかを確認することはとても大切な作業になります。専門のクリニックは、脱毛症に特化していますので最善の治療を選択できる可能性が高いです。治療薬に関しても、その患者に最も適しているものを選択してくれます。

ただ、専門のクリニックでは多角的な側面から検査ができるということもあって、費用が高くなりがちです。特に、遺伝子検査に関しては複数の項目や検査方法が存在しますので、厳格に行うとそれだけ費用が必要になります。ですから、ここで診察をしてほしいときには相応の予算を準備しておく必要があります。

こういったクリニックでの診察が苦手な人は、専用の検査キットを利用する方法もあります。検査キットは自分だけで行うことができる上に、費用も安く済みます。結果がでるまで時間が必要であったり、簡易的な検査しかできないのが難点ですが、手軽に行いたい人には向いています。