AGAは治る病気って本当?実際に治った人の体験談と治療方法を紹介!

2020年06月08日

AGAは完全に治るわけではなく、あくまでも改善できる範囲で効果があるということを理解しておく必要があります。AGA治療薬は確かに存在しますが、治療薬を利用し続けている間は治るだけで、治療薬の服用をやめると再びAGAは進行します。ですから、AGAとその治療薬に対する正しい理解を得てから、専門的な治療を実施していくことが大切です。

具体的な治療方法としては、フィナステリド配合の医薬品とミノキシジルの2つを利用した方法が目立っているのが特徴的です。フィナステリドは、AGAの脱毛を防いでくれる働きがあります。ただ、脱毛作用を防ぐことができたとしても、発毛作用を促すことができないと意味がありません。そこで、フィナステリドと併用して発毛効果のあるミノキシジルを使うことが大半となっています。しかも、ミノキシジルに関しては女性でも使えますので、目的に応じて使い分けができます。

実際に体験をした人の中でも、AGA治療は比較的若い段階から行っている人も大勢います。年代を問わずに、要因が揃ってしまうと発症してしまうのがAGAの怖いところです。カウンセリングの段階で、AGA治療の進行度合いをそれぞれ判断してもらうことで、若い患者でもその進行度合いに応じて最善の治療が行われます。

ただ、治療に成功した人が最も悩んだ問題が費用面の負担です。AGA治療では、クリニックからフィナステリド配合の医薬品を処方してもらえるのですが、何年も購入することを考えると総額で数十万円は必要になります。しかも、これに加えて発毛作用のあるミノキシジルも必要になりますのでさらに負担が大きくなる傾向があります。ミノキシジルは一般市場でも購入できますが、平均的な相場はクリニックで処方されるプロペシアと大差ありません。

現実的にも、治療を成功させた人の中には個人輸入で安値でフィンペシアなどを購入している人もいます。継続的な使用が絶対であるため、費用に負担がかからないようになるべく安い価格で購入することは治療をするうえでも理に適っています。年間でみると10万円以上も費用を安くすることもできますので、メリットは非常に大きいです。

もちろん、費用面の負担を軽減するためには信用できる業者を選択することも重要です。安く購入しても、偽物を購入してしまうと逆効果になってしまう可能性があり、余計な負担が増えます。個人輸入で治療を成功させている人は、あくまでもジェネリックの正規品を利用しているためその点の注意が必要です。